環びわ湖大学・地域コンソーシアム学生支援事業「SHIGA SDGs Studios」を実施しました

この度、2020年度 環びわ湖大学・地域コンソーシアム学生支援事業「SHIGA SDGs Studios」プログラムの企画・運営を行いました。

「SHIGA SDGs Studios」は、環びわ湖大学・地域コンソーシアムに加盟する大学の学生が、滋賀県内の自治体を中心としたSDGsの実践者、企業やNPOの方にインタビューを行い、SDGsの観点から学生自ら記事を執筆。最終成果を本冊子やメディア、Web、動画で発信します。大学や学部・学年の異なるチームメンバーとともに、SDGsに代表される社会課題を知り、発信する楽しさを体験できる、スタディープログラムです。今年度は新型コロナウイルス感染症対策として、全プログラムをオンラインで行いました。

主   催 | 一般社団法人 環びわ湖大学・地域コンソーシアム
企画・運営 | 一般社団法人SDGs Impact Laboratory
期   間 | 2020年8月 〜 2020年12月

一般社団法人 環びわ湖大学・地域コンソーシアムとは

びわ湖を取り巻く大学と自治体・経済団体が連携して共に活動しています。 滋賀県内には14の大学・短期大学があり、およそ35,000人の学生が学んでいます。本コンソーシアムは、大学・短期大学、自治体、経済団体、地域の連携を基盤にして、会員同士が相互に連携・協働し、地域社会の発展と魅力ある大学づくりを目指して活動をしています。  大学地域連携課題解決支援事業、学生支援事業、就職支援事業、単位互換事業の4つの事業により、県内大学、学生と企業、NPOなどの非営利法人や地域住民の方々とより連携を深めるため、多種多様な地域連携事業を展開しています。

環びわ湖大学・地域コンソーシアム https://www.kanbiwa.jp/

環びわ×SDGs特設ページ https://www.kanbiwa.jp/sdgs/

SHIGA SDGs Studios Booklet 2020

本プログラムの成果報告として、「SHIGA SDGs Studios」の参加学生が作成した記事を再デザインし、ブックレットとして再編集しました。環びわコンソーシアムや滋賀県のSDGsへの取り組みや、環びわSDGsマップも掲載するなど、SHIGA SDGs Studiosの取り組みを網羅的にまとめた内容となっています

本プログラムの詳細や、詳しい実施内容はこちらのブックレットをご覧ください。

 

Please wait while flipbook is loading. For more related info, FAQs and issues please refer to DearFlip WordPress Flipbook Plugin Help documentation.

 

SHIGA SDGs Studios ダイジェストムービー

2020年度 環びわ湖大学・地域コンソーシアム 学生支援事業「SHIGA SDGs Studios」のダイジェストムービーです。オンラインでのレクチャーや学生の取材の様子、記事発表会やSDGsイベントでの交流の様子を2分の動画に凝縮してまとめました。

 

 

SDGsキャラバン

SHIGA SDGs Studios2020では、高校生向けに滋賀県のSDGsの取り組みを発信する「SDGsキャラバン」を開催しました。SDGsを学び、取材した大学生が、高校生に向けて教えあるプログラムです。

開催報告はこちらをご覧ください。

note(ノート)

SHIGA SDGs Studios2020では、高校生向けに滋賀県のSDGsの取り組みを発信する「SDGsキャラバン」…

SHIGA SDGs Studios企画展示

SHIGA SDGs Studios2020では、滋賀県草津市のアーバンデザインセンターびわこ・くさつ(UDCBK)にて、本事業の取り組みを紹介する企画展示を12月上旬に行いました。

SHIGA SDGs Studios実施報告書

2020年度 環びわ湖大学・地域コンソーシアム学生支援事業「SHIGA SDGs Studios」プログラムの実施報告書は、こちらをご覧ください。

 

SDGs Studiosについて

SDGs Impact Laboratory(インパクトラボ)が実施している「SDGs Studios」プログラムは、SDGsを達成するためのネットワーク形成・取り組みの発信を目的とした発信型プログラムです。新聞社とのコラボレーションにより、受講者の情報編集・発信のスキルやノウハウをプロから習得する、一気通貫のアクセラレータプログラムを行っています。

プロの新聞記者からのレクチャープログラムなどを実施するほか、独自の情報編集・発信のスキルやノウハウに関する実践プログラムを通じて、受講者の社会課題の発信に必要な素養を伸ばします。 これらはデザインや文章の質に重きを置き、グラフィックデザイナーや映像クリエイターの手によって、グラフィカルな報告書や映像作品、記事として、社会へと発信しています。自分でも気づいていない、社会にあるSDGsの取り組みなどを発掘し、SDGsの発信を行います。

「SDGs Studios」の実績や、その他独自のアクセラレータプログラムなどについては、事業概要をご覧ください。

最新情報をチェックしよう!